福井商業高校チアリーダー部「JETS」の現役部員とOG=福井県営体育館

 福井しあわせ元気国体の総合開会式が9月29日、福井県福井市の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で行われる。約2万5千人が見込まれる参加者の前で繰り広げる歓迎県民イベントや式典演技は、全国から集まった選手らにエールを送り、県内各地の伝統文化を発信する。福井商業高校チアリーダー部「JETS」の本番にかける思いを紹介する。

  ×  ×  ×

 チアダンスの全米大会や全米選手権を6年連続で制し、映画やテレビドラマの題材にもなったJETSは、全国に知られた存在だ。

 式典演技でJETSが登場するシーン4は、「全力エール! 力と技の挑戦」がテーマ。現役部員とOGが一体となり、子どもから一般まで約460人のチアダンサーを引っ張り、全国の選手らを鼓舞する。

 部長の高橋沙季さん(3年)は「フォーメーションなど普段のステージとかなり違うが、たくさんの人と同じ踊りを作り上げる楽しさがある。私たちが一番に元気を出して、周りにも届けたい。チアダンスの魅力を伝えたい」と意気込む。

 OGの片岡美優さん(23)は「現役のメンバーと一緒に踊る夢がかなった。これだけ多くのチアダンサーが集まるのは福井ならでは。参加者の心に残る演技をして、チアらしく選手に応援の気持ちを届けたい」と笑顔を見せた。

関連記事