【ニューヨーク共同】週明け24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末からの下げ幅が一時、100ドルを超えた。午前10時現在は前週末比95・15ドル安の2万6648・35ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は40・41ポイント安の7946・55。

 トランプ米政権が24日、年2千億ドル相当の中国からの輸入品に10%の追加関税を課す制裁第3弾を発動したことで、米中貿易摩擦激化への懸念が高まり、相場の重しとなった。

関連記事