少年男子で優勝し喜ぶ福井県Aチーム=9月23日、福井県勝山市体育館ジオアリーナ

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は9月23日、福井県勝山市などで公開競技の綱引き、パワーリフティング、グラウンドゴルフが行われた。綱引き(会場:勝山市体育館ジオアリーナ)は成年男女、少年男女の予選リーグと決勝トーナメントが行われ、成年女子でファンキーガールズ(勝山)単独チームの福井県Aが2年ぶり2度目の優勝を飾った。少年男子は勝山高生で構成する福井県Aが優勝した。

 そのほか、成年男子でタフエイト(鯖江)の福井県A、少年男子で福井工大福井高の福井県B、少年女子で勝山高の福井県がいずれも準優勝した。

 ⇒福井国体特集ページはこちら

 ■少年男子、抜群の一体感

 少年男子決勝は、勝山高生の福井県Aが「磨いてきた一体感」(斎藤主将)で、福井工大福井高生の福井県Bを圧倒した。

 福井県Aはサッカー部など運動部員を集めて編成。勝山市綱引協会に所属するファンキーガールズ(勝山)などの選手から綱の持ち方など基本を教わった。

 4チームで争われ、予選は3戦全勝で1位通過。決勝トーナメント初戦の準決勝で広島を撃破した。

 3本勝負の決勝。1本目は約30秒で勝利。2本目は序盤に約2メートルのリードを奪われた。いつもは「引かれたらずるずるいってしまう」(斎藤主将)。メンタルの弱さが弱点だったが、声を出して気持ちを一つにした。「引かれんな」「耐えろ」。踏ん張り、一気に逆転した。

 「チームワークでここまでこれた」。中村監督は笑顔で選手をたたえた。

勝山市
日本の美しい自然が残るまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 県立恐竜博物館、白山平泉寺▽味覚 羽二重くる…
関連記事