群馬―福井 3回裏群馬、1死一、三塁のピンチにマウンドへ集まる福井ナイン=9月23日、群馬県の前橋市民球場

 ルートインBCリーグの頂点を決めるリーグチャンピオンシップ(CS)は9月23日、群馬県の前橋市民球場で第2戦を行い、福井ミラクルエレファンツは群馬ダイヤモンドペガサスに2―10で敗れ、1勝1敗となった。西地区優勝の福井と東地区優勝の群馬が全5戦の3戦先勝方式で争う。第3戦は24日午後6時から、同球場で行われる。

福井
000 100 100...2
004 110 04x...10
群馬

 ≫失策が命取り、歯車狂う

 【評】福井は投手陣が群馬打線に屈した。先発園田彪が5失点を喫するなど、5投手が計13安打10失点。打線は散発3安打に沈み、力負けした。

 園田は三回、木内陸の失策などで1死一、三塁とし藤井一輝の左前打で先制された。さらに、3連打を浴びこの回計4失点。2―6の八回は三染真利がフランシスコ・カラバイヨに2点適時打を許すなど4失点と崩れた。

 打線は0―4の四回、1死から片山雄哉がチーム初安打で出塁し、二盗、三盗を決めると敵失も絡み得点。七回には清田亮一の安打などで1死三塁とし、暴投で1点を返したが、反撃はここまで。群馬先発トーレスを最後まで攻略できず、完投された。

関連記事