3連覇した村上めぐみ(右)と石井美樹(左)のペア=大阪府大阪市

 ビーチバレーボールのジャパンツアーファイナル、グランフロント大阪大会は9月22、23日、大阪府大阪市のグランフロント大阪うめきた広場特設コートなどで開かれた。福井県勢は女子で、福井国体準優勝の村上めぐみ(オーイング)が石井美樹(湘南ベルマーレ)と組んで出場し3連覇した。

 国内ツアー「ジャパンツアー」の年間王者を決める大会。第1戦(沖縄)、第3戦(平塚)、第7戦(若狭おばま)を制した村上組を含め、男女各8組が出場。予選リーグを行い、上位4組が準決勝に進んだ。

 村上・石井組は予選リーグを3戦全勝で通過。準決勝で鈴木千代・村上礼華組(クロスヘッド・松山東雲女子大)を21―13、21―14で退け、決勝は溝江明香・橋本涼加組(トヨタ自動車)を21―13、21―17で破った。

 県勢男子の土屋宝士・道木優輝組(オーイング・SANDS)は予選リーグ1勝2敗で敗退した。

関連記事