『AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会』で優勝した「Fortune cherry」 (左から)AKB48多田京加、HKT48松田祐実(C)ORICON NewS inc.

■『AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会』(23日、東京・片柳アリーナ)
 AKB48グループのユニット対抗のじゃんけん大会が行われ、AKB48多田京加(19)とHKT48松田祐実(16)の福井出身ドラフト3期生ユニット「Fortune cherry」が優勝した。1月に行われた『第3回AKB48グループ ドラフト会議』で指名され、加入から半年ほどの研究生コンビが12月19日にCDデビュー決定。これからは“フォーチュンクッキー”ではなく「フォーチュンチェリーの時代が来るように頑張りたい」と意気込んだ。

【イベント写真多数】人気メンバーが個性的な衣装で続々登場

 「Fortune cherry」は、チェリー柄の入ったベレー帽とワンピース、チェリーのイヤリング、真っ赤なヒールのおそろい衣装で囲み取材とフォトセッションに応じた。多田はAKB48チーム4に3巡目指名され、5月に劇場デビュー。松田はHKT48チームTIIに1巡目で指名され、3月のコンサートでお披露目、8月に劇場デビュー。これまでにCDに参加したこともない2人が、デビュー権をつかみ取り、「勝っちゃった」「どうしよう」と率直な言葉を口にした。

 「同期ではあったけど、そんなに話すわけではなかった」という2人は、年下の松田から同郷の多田に声をかけてユニットを結成した。多田は「ゆみみ(松田)が心臓が強くて励まされた」といい、松田は「京加ちゃんはドラフト3期生の中でも“多田先輩”と呼ばれているリーダーなので、私はついていっている感じです」とお互いの関係性を明かした。

 2人は今回のじゃんけん大会で出し手まで相談して勝ち上がった。決勝戦は多田が代表者としてじゃんけんに臨み、相談の末、パーを出したがあいこに。再びステージ上で耳打ちしあい、多田が左手のグーで優勝を決めた。多田は「ふだんじゃんけんはめちゃめちゃ弱い。その分勝てたのかも」と話し、松田は「相手が何を出すか考えたら勝てました」と勝因を語った。

 デビュー曲はミュージックビデオも制作される。福井での撮影を希望し、松田は「すごく景色のきれいなところがある」と思いを巡らせ、多田は「東尋坊は外せないかな」とプッシュ。ユニット名はAKB48の代表曲「恋するフォーチュンクッキー」をほうふつとさせることから、「2人で力をあわせて、福井の力もお借りして、地元の皆さんから応援していただいて頑張れたらいいなと思います」と期待に胸を高鳴らせていた。

関連記事