福井市のスーパー「Aコープやしろ店」で、本格販売が始まった新銘柄米「いちほまれ」を買い求める客=23日午前

 コシヒカリを開発した福井県が、その後継と位置付ける新銘柄米「いちほまれ」の本格販売が23日、同県内のスーパーなど約170店で始まった。ほどよい弾力や甘みとつやが特長。今月29日には首都圏や関西、名古屋周辺でも店頭に並ぶ。

 販売は2キロと5キロの2種類。福井市のスーパー「Aコープやしろ店」では、表面に金色の円が描かれた袋がずらりと並び、午前9時の開店と同時に多くの客が訪れた。購入した同市の団体職員安藤剛一さん(38)は「昨年食べたら、もちもちしておいしかった」と笑顔を見せた。

 いちほまれは「日本一おいしく誉れ高い米になるように」と命名された。

関連記事