【ソウル共同】韓国・ソウルの江南警察署は22日までに、江南区三成洞の建物のトイレにカメラを設置し盗撮した疑いで、日本人の会社員の男を拘束した。容疑を認めているという。韓国メディアが伝えた。

 韓国紙、中央日報によると、20代の女性がトイレを利用した際、ごみ箱にトイレットペーパーが積み重なっているのを不審に思い、カメラが隠されているのを見つけた。自身や他の女性のほか、男の顔も映されていた。

 女性の通報を受けた警察が監視カメラなどで男を割り出したという。

関連記事