「松江水燈路」でライトアップされた松江城(後方)の周辺を幻想的に照らすあんどん=22日夜、松江市

 国宝の松江城(松江市)周辺を約2千個のあんどんで照らす「松江水燈路」が22日に始まった。幻想的な光に浮かんだ城と城下町を観光客らが楽しんだ。10月末まで。

 松江水燈路は、観光客に市内の宿泊施設を使ってもらおうと松江市などが主催。市民が絵を描いたあんどんが松江城の堀沿いや二の丸などに設置され、天守や武家屋敷などはライトアップされた。

 城周辺の堀川で期間中の土日祝日に運航される遊覧船から楽しむこともできる。

関連記事