北海道厚真町の介護施設「ほんごう」で食器を洗う調理スタッフ=21日

 北海道の地震で大きな被害を受けた厚真町では22日までに、9割近くの世帯が断水から復旧した。大半の地域で飲用としても使えるようになり、飲食店や介護施設などが続々と業務を再開した。町民からは「日常生活の負担が減る」と喜びの声が上がっている。

 町によると、8月に完成した山あいの浄水場が土砂崩れにのまれて一部倒壊。町内の住宅と事業所合わせて1900戸以上が断水した。急きょ古い浄水場を再稼働し、11日から一部で通水した。当初は生活用水としていたが、水質検査を実施して22日までに7割近くの世帯で飲用も可能となった。

関連記事