青森県つがる市の国道101号で乗用車4台が衝突した事故で、つがる署は22日、腰の骨を折り重傷だった同県鰺ケ沢町の広船愛莉さん(30)が出血性ショックで死亡したと発表した。死者は4人となり、4人が重軽傷を負った。

 事故は22日午前1時5分ごろ発生。広船さんのほか死亡した3人は、同県五所川原市、運転代行運転手山田春治さん(63)、山田さんが運転を代行していた車に客として乗っていたつがる市の山田久美子さん(46)、別の軽乗用車に乗っていた鰺ケ沢町の広船淳さん(43)。

 愛莉さんは淳さんの妻とみられる。

関連記事