映画「えちてつ物語」の魅力をPRする主演の横澤夏子さん=9月21日、福井県福井市の福井新聞社

 えちぜん鉄道沿線を舞台にした映画「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」が11月3日に福井県内で先行公開されるを前に、主演の横澤夏子さん(28)が9月21日、福井新聞社(福井市)を訪れ、人生の再生を描く作品の魅力をPRした。

 多忙な日々の中、福井ロケは「心安らぐ時間だった」と横澤さん。「切なくて、優しい気持ちになれる作品。心洗われる風景や自慢できる福井の魅力がぎゅっと詰まっています」と力を込めた。

 映画は古里に戻った新人アテンダント(客室乗務員)の奮闘を通し、古里や家族愛を描いた物語。昨年11月中旬から12月上旬にかけて、勝山市を中心に沿線市町で撮影した。

 横澤さんは試写会のために児玉宜久監督(56)と来県。県庁を表敬訪問し、西川一誠知事とも懇談した。

関連記事