22日午前0時ごろ、宮城県美里町中埣原前の県道脇の歩道で、男性が自転車のハンドルを握り立ち尽くしているのを、車で通り掛かった人が発見、県警遠田署に通報した。男性は頭から血を流しており、頭蓋骨骨折の重傷。遠田署は事件の可能性があるとみて男性の身元の確認を急ぐ。

 遠田署によると、男性は60歳ぐらい。頭に擦り傷があった。自転車のハンドルを握り、通報者が見つけてから署員が駆け付けるまでの約1時間、幅約3メートルの歩道の脇に立っていたという。意識はあるが、署員の問い掛けにほとんど答えられない状態だった。

関連記事