レスリング競技の体験会で、子どものタックルを受ける吉田沙保里選手(左)=22日午前、千葉県松戸市の市立相模台小

 五輪3連覇の吉田沙保里選手(35)が講師を務めるレスリング競技の体験会が22日、千葉県松戸市立相模台小で開かれた。2020年の東京五輪に向けて競技の魅力をPRしようと日本レスリング協会と、競技会場となる千葉県が主催。

 6年生の児童ら約120人が参加し、ルールの説明を受けた後、一人一人がタックルを体験。吉田選手は「うまい、うまい」などと声を掛けながら、子どもたちのタックルをしっかりと受け止めていた。

 体験会後、吉田選手は「目がきらきらしている子が多かった。レスリングに少しでも興味を持ってもらえたらうれしい」と話した。

 東京五輪では千葉市の幕張メッセが会場。

関連記事