和歌山北署の20代の男性巡査が8月、知人の男(30)=道交法違反(無免許運転など)容疑で逮捕=が交通事故を起こしたと知りながら、男に頼まれて見逃したとして、和歌山県警が犯人隠避容疑で事情聴取したことが21日、捜査関係者への取材で分かった。巡査は容疑を認めており、県警は同容疑で書類送検し、処分する方針。

 県警監察課などによると、巡査は非番だった8月30日夜、和歌山市内を車で走行中、バンパーなどを破損している軽乗用車を目撃。運転していた男に声をかけたところ、中学時代の先輩だった。巡査は男に「黙っていてほしい」と頼まれ、県警に報告せず、男は逃走した。

関連記事