【越前海岸】アオリイカはアジを餌に胴長12~15センチが5~10匹。鷹巣、長橋、石切場、南菅生、大丹生、鮎川、左右、梅浦などが狙い目。エギングは次々とポイントを変えるラン&ガンで5匹。キスは三里浜で15~28センチが2桁。グレは河野、梅浦で23~27センチが10匹。カマスは崎や梶で好調。潮通しのよい地磯では50~60センチ級のヒラマサ。

 

【福井新港】チヌはパイプライン、北防、第2排水口、サッカー場などで練り餌を使い、25~35センチが2~10匹。40~50センチの大型も交じる。キジハタなど根魚は各ポイントでまずまず。北防の外海側でイナダ、サゴシ、タチウオ。

 

【嶺南】敦賀半島の立石で30~45センチのチヌ、28~30センチのグレ、28センチのキジハタ。チヌは常宮でも27~39センチが10匹。敦賀新港、小浜新港では小アジ、サヨリが好調。アオリイカは江良、内外海半島で胴長11~16センチ。高浜漁港などで25~30センチのカマスが上向き。音海ではサビキ釣りで、アジやシオ(カンパチの幼魚)。

 

【河川】大アユ、尺アユのシーズンだが、台風や天候不順の影響で一気に終盤の様相に。水温、気温が上がり水位が下がれば期待できる。スズキは九頭竜川河口で良型が続々。サゴシ、タチウオ、イナダもよく交じる。

 

【沖合】嶺北沖、小浜沖、高浜沖でマイカが堅調。

 

越前海岸
カマス
アオリイカ
福井新港
チヌ、サゴシ
嶺南
サヨリ
カマス
河川
スズキ、アユ
関連記事