天皇・皇后両陛下の日程

 「国民とともに歩む皇室」を体現されてきた天皇、皇后両陛下。来年4月30日に退位を控える中、最後となる国体ご臨席に向け、9月28~30日の日程で福井県へ来県される。

 ⇒天皇、皇后両陛下が1日早く帰京へ

 初日の28日、旧春江工高の校舎を活用して昨年4月に開所した福井県坂井市の福井県教育博物館で、天皇、皇后両陛下は企画展「幕末明治福井の教育 近代教育のはじまり」などを視察される。

 吉田智館長(62)は「新築のきれいな博物館ではないが、誰もが親しめるよう工業高校をつくり直した当館に来ていただけることは大変光栄。陛下にとってよい時間になるよう一つ一つきちんとした根拠をもって正しくご説明したい」と準備している。

 先導役を担う県教育総合研究所の牧野行治所長(63)は、「退位を来年4月に控えられた大切なときのご視察。これほど光栄なことはない。心から陛下に接することができるよう、自然体を心掛けたい」と静かに来県を待っている。

 両陛下は福井滞在の最終日、越前市の武生高葵講堂で昼食をとられる。同講堂は1998年、創立100周年を記念して同校同窓会が寄贈した建物で、普段は部活動やPTA活動などに活用している。田中宏明校長は「しっかりと準備を進め、学校を挙げて歓迎申し上げたい」。生徒会長の男子生徒は「武生高創立120周年の年にお越しいただけることは一生の思い出になる」と心待ちにしている。

関連記事