高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)

 日本原子力研究開発機構は9月20日、廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で燃料出入機の異常を知らせる警報が19日に鳴り、使用済み核燃料の取り出し作業を中断したと発表した。

 同機構によると、燃料出入機に設備上の異常はなく、環境への影響もない。

関連記事