愛知県は9月19日、同県みよし市で開かれたカヌー大会に参加した福井県あわら市の金津高校の生徒27人と男性教員1人が、下痢や腹痛などの食中毒症状を訴えたと発表した。生徒は既に福井に戻っており、いずれも快方に向かっている。愛知県は、同県刈谷市の飲食店「カフェ、レストラン和田ful(わんだふる)」が提供した弁当が原因と断定し、店に営業禁止を命じた。

 県によると、同校の2年生5人、1年生27人は14~16日に開催の日本カヌーポロ選手権に参加。14、15日の夕食で弁当を食べたうちの15~40歳の男女が症状を訴えた。県が原因食材の特定を進めている。

 同校は「生徒は快方に向かっており、通常の学校生活に早く戻ることができるよう願っている」としている。

関連記事