文部科学省

 文部科学省は19日、全国の私立大を運営する学校法人に対し、入学定員を1人でも超過した場合に私学助成を減額すると予告していた罰則強化策の導入を当面見送るとの通知文書を送付した。2019年度から導入予定だったが、都市部の定員超過の状況に改善が見られたことや、入学者数の調整で3月末まで追加合格を出す大学が相次ぎ、混乱が生じたことを踏まえた措置。

 都市部の大学を中心に辞退に備え合格者を多めに出してきたため、地方の若者離れが進んだとして、文科省は16年度から段階的に定員超過の私大への対応を厳格化した。

関連記事