前田善成氏

 群馬県みなかみ町議会は18日、セクハラ疑惑を巡って不信任決議を受けた前田善成町長(51)の解散に伴う町議選後、初めての議会(定数18)を開き、2度目の不信任決議案を全会一致で可決、前田氏は地方自治法の規定により失職した。前田氏は同日付で辞職する意向を表明したが、議会で同意するかを審議する前に緊急動議が出た。決議案は「セクハラ疑惑で町の信頼が失墜しイメージが傷ついた」とした。

 前田氏は記者会見を開き「町政の運営に支障をきたし、申し訳ございません」と謝罪。「(次期)町長選に出る考えはない」と述べ、不出馬の意向を表明した。

関連記事