四国電力伊方原発。左から2号機、1号機、3号機=愛媛県伊方町

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止めた広島高裁の仮処分決定を不服とした四国電の申し立てによる異議審で、広島高裁(三木昌之裁判長)は18日、決定を25日午後1時半に出すことを決めた。

 四国電の異議が認められれば、伊方3号機は再び運転が法的に可能となる。退けられた場合は運転できない状態が続くが、現状の仮処分の差し止め効力は9月30日までとなっている。

 昨年12月の広島高裁決定は、約130キロ離れた熊本県・阿蘇カルデラで大規模噴火が起きた際、火砕流が原発敷地内に到達する可能性を指摘。四国電の火山リスクの想定は過小と判断した。

関連記事