福井―武蔵 9回途中まで4失点に抑えた福井の先発神戸文也=福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月12日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで東地区の武蔵ヒートベアーズと戦い、6―4で勝利した。引き分けを挟んで4連勝し、後期通算11勝8敗4分けで順位は西地区2位のまま。次戦は15日午後6時15分から、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと対戦する。

武蔵
000 101 002…4
004 101 00X…6
福井

 【評】福井は継投で終盤の武蔵の反撃をかわした。打線は14安打で序盤から得点し突き放した。

 神戸文也は八回まで6安打8奪三振と踏ん張った。九回に2ランを浴びたが、継投した日下部啓太が無失点に抑えた。

 打線は三回、須藤優太が四球で歩き、清田亮一の左翼線二塁打で先制。石井建斗、西和哉の連打に暴投なども絡み計4点を奪った。四回には清田の左前適時打、六回には澤端侑の右翼線を破る二塁打と敵失、松本友の左犠飛で1点ずつを加え、追い上げを許さなかった。

関連記事