福井の良さをアピールする映像を投影したプロジェクションマッピング=8月12日夜、福井県庁広場

 福井しあわせ元気国体・大会の期間中(9月29日~10月15日)に福井県庁舎壁面に実施するプロジェクションマッピングの先行公開が8月12日夜に始まり、訪れた人が大きく映し出された福井の魅力満載の映像に見入った。

 お盆期間に帰省する人に、幸福度ランキングで3回連続全国総合1位になったことや、幕末明治福井150年博をPRしようと県が企画。高さ約39メートル、幅約56メートルの庁舎正面に計5回投影した。

 県民の幸せそうな笑顔や迫力ある恐竜を盛り込んだ映像と、松平春嶽ら福井の偉人をアピールする作品の2本立て。それぞれ30~40秒にまとめ上映した。

 県庁前の広場では14日まで、投影時間帯にダンスや音楽ライブのステージがあり、軽食やゲームが楽しめる。

関連記事