北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は11日、6月に打ち上げに失敗した小型ロケットMOMO(モモ)2号機について、機体下部にある姿勢制御用の噴射器が誤作動した影響で、エンジンへの燃料供給がストップしたのが原因とする調査結果を公表した。3号機の開発を進め、配管の構造を変更するなどの再発防止策を講じる。

 同社によると、噴射器が誤作動し、姿勢制御用のガスの温度が設計値を大幅に上回り、配管が溶けた。漏れたガスによって一部の部品が焼損し、燃料を供給できなくなった。

関連記事