強い台風13号は8日、勢力を保ったまま千葉県勝浦市の南の海上を北上した。暴風域を伴って8日夜にかけて房総半島にさらに近づき、9日朝にかけて水戸市付近に達する見通し。西寄りに進むと上陸する可能性もある。速度が遅いため、影響が長時間続くとみられる。気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫、高波、高潮に厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風情報はこちら

 気象庁によると、関東甲信や東北には8日昼ごろから台風の雨雲がかかり始め、9日にかけて局地的に猛烈な雨が降る恐れがある。総雨量がかなり多くなりそうだ。

 関東に近づいた後は東北の太平洋沿岸を北上する見通し。台風の北側に停滞する前線も北上するため、9日は北海道でも大雨に注意が必要だ。

 9日昼までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で関東350ミリ、東北200ミリ、甲信180ミリ、伊豆諸島150ミリ。その後の24時間は東北100~200ミリ、関東と北陸100~150ミリ。9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は関東35メートル(50メートル)、東北30メートル(45メートル)、伊豆諸島25メートル(35メートル)、東海23メートル(35メートル)。予想される波の高さは関東と東北10メートル、伊豆諸島7メートル、東海6メートル。

 台風は8日午後1時現在、勝浦市の南南東約200キロの海上を時速約15キロで北北西に進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心の東側560キロ以内と西側330キロ以内は風速15メートル以上の強い風が吹いている。 空の便にも影響が出ており、全日空は8日、羽田や成田を発着する40便以上の欠航を決めた。小松空港でも午後2時40分小松発成田行きとその帰りの2便が欠航となった。

 8日13時に発表された気象庁の進路予報によると13号は太平洋沿岸に近づいた後大きく右に進路を変えるため、福井県など北陸地方への直撃や接近はなさそうだ。9日は曇りや雨の予報が出ている。

関連記事