ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズ―福井ミラクルエレファンツ 3回福井1死、清田が同点の左越え本塁打を放ち生還=金沢市民野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月7日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦い、九回時間切れの3―3で引き分けた。後期通算8勝8敗4分けで、順位は西地区2位のまま。次戦は10日午後6時から、福井市の福井フェニックススタジアムで石川と対戦する。

福井
011 100 000…3
200 100 000…3
石川

 【評】福井は中継ぎが踏ん張ったが、打線が援護できなかった。

 打線は0―2の二回、四球と西和哉の安打で無死一、三塁とし、木下裕揮の中犠飛で1点を返すと、三回に清田亮一のソロで追いついた。続く四回には澤端侑が右越え三塁打を放ち、松本友の内野ゴロで勝ち越した。しかし、五回以降は振るわなかった。同点の九回には山根弘太郎の四球で無死一塁としたが、後続が3連続三振に倒れた。

 先発園田彪は五回途中3失点。塚田貴之、楊鑄真、イム・テフン、日下部啓太とつなぎ無失点でしのいだ。

関連記事