乗用車がぶつかり、根元から折れた消火栓=31日、鯖江市杉本町

 福井県警鯖江署は7月30日、道交法違反(安全運転義務違反・事故不申告)の疑いで、福井県鯖江市、鯖江市税務課職員の容疑者の男(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前1時半ごろ、鯖江市杉本町の県道で乗用車を運転中、消火栓にぶつかる事故を起こしたが、届け出をせずに逃走した疑い。

 同署によると、容疑者は対向車線の脇にある消火栓を倒壊させたという。目撃者から通報を受けた警察官が自宅にいた同容疑者に任意同行を求め、調べたところ容疑を認めた。飲酒検知をするなどして事故原因を調べている。

関連記事