サウルコス福井―富山新庄クラブ 前半終了間際、サウルコスの山田雄太(左)がシュートを決め3―0とする=7月29日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカーの北信越リーグ1部は7月29日、各地で第9節4試合を行った。サウルコス福井はテクノポート福井スタジアム(福井県坂井市)で富山新庄クラブに5―0で勝利し、通算8勝1分け。リーグ首位をキープした。

 サウルコスは前半42分、DF木村魁人の直接FKにFW山田雄太が合わせ先制。その2分後、FW松尾篤がドリブルで切り込み追加点を挙げた。さらに山田が1点を入れ3―0で折り返した。後半はFW石塚功志と松尾が得点し快勝した。

 坂井フェニックスは丸岡スポーツランド(坂井市)でFC北陸(石川)に0―2で敗れ、通算2勝4敗3分けで、順位は4位のまま。坂井は前半、北陸の猛攻を受け、42分に相手FWのシュートで失点。その1分後にも得点を許した。後半、5本のシュートを放つなど攻めたが無得点に終わった。

 次節は8月5日、サウルコスがFC北陸と石川県の北陸大フットボールパークで、坂井は上田ジェンシャン(長野)と長野県松本平広域公園総合球技場アルウィンで対戦する。

関連記事