大阪府八尾市の認定こども園で、30代の保育士の男が、園児に対する強制わいせつの疑いで、府警に逮捕されていたことが26日、市への取材で分かった。男はこども園を運営する夫婦の息子で、本人も園側も行為を否定。児童の保護者が市と府警に被害を訴え、発覚した。

 八尾市子育て支援課によると、府警は6月23日に男を逮捕し、7月に再逮捕。園児にキスをしたり下半身を触ったりした疑いが持たれている。園は0〜5歳児を預かっていた。

 男は8年前から園に勤務。複数の園児が被害を訴え、同僚が何度もわいせつ行為を目撃していたとの情報もある。

関連記事