【10年前のきょう・2008年7月27日】音楽を通して障害者や高齢者らの運動機能や情緒の回復、発達を図る「ミュージック・ケア(音楽療法)」の全国セミナー(福井新聞社後援)が二十六日から福井市のフェニックス・プラザで開かれ、メーンの二十七日は会員や福祉、医療関係者ら約五百人が同療法の理論や実践、効果について学んだ。

 NPO「日本ミュージック・ケア協会」が本県では初めて開催。ワークショップや実技指導などが行われた。

関連記事