福井工大福井―敦賀気比 7回表敦賀気比2死一、二塁、黒田響生が遊撃手のグラブをはじく適時二塁打を放ち2―0とする=敦賀総合

 夏の甲子園出場を懸けた第100回全国高校野球選手権記念福井大会第4日は7月21日、福井県内2会場で2回戦が行われ、強豪同士の対決となった敦賀気比―福井工大福井は、敦賀気比が10―0で八回コールド勝ちした。

 灼熱のマウンドで好投した両チームのエースが六、七回に脚の異常を訴え降板。敦賀気比は六回から救援した坂井翔の好投で流れに乗り、打線が七、八回に相手の救援陣をとらえて計10得点。福井工大福井を八回コールドで下し、東哲平監督は「暑さとの闘いで集中力を切らさなかった」と満足げに汗をぬぐった。

 福井工大福井の先発武盛智樹を打ち崩せず六回まで0―0。走塁ミスもあり「嫌な展開だった」(東監督)。その裏、5回1安打と好投した先発木下元秀は脚がつって降板。3年生の坂井が継投した。「準備はできていた」。大会直前のメンバー変更でベンチ入りした右腕は、伸びのある速球を軸に無失点に抑え込んだ。

 七回、既に脚がつっていた武盛が無死から死球を出すと2番手山崎晃輝に交代した。2死一、二塁となり、「武盛には苦手意識があった。変わり目が勝負だと思っていた」と黒田響生が遊撃手のグラブをはじく二塁打を放ち2点を先制。高橋丞も三塁打で続いた。

 昨秋負けた宿敵に同じ八回コールドで借りを返し、「まだ通過点」と黒田響。主将杉森圭輔や黒田響は1年から試合に出ているが、「全員が甲子園を知らない世代」(杉森)だ。3年ぶりの夏の甲子園に向け勝ち進めば5日間で4試合のハードな日程。黒田響は「一戦一戦勝ち抜く」と疲れも見せずに言った。

関連記事