18日、インド・グレーターノイダのビル倒壊現場で生存者を探す救助関係者ら(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリー近郊で17日夜、ビル2棟が倒壊し、救助当局者は18日、5人の遺体が見つかったと明らかにした。救助当局者やインドメディアによると、建設作業員らががれきの下に埋まっている可能性があり、当局が救助作業を急いでいる。

 現場はニューデリーの南東約30キロのグレーターノイダで、ビル建設などの開発が進んでいる地区。倒壊したのは6階建てと4階建てで、うち1棟は建設中だった。捜査当局は過失などの疑いで関係者数人を逮捕した。

 インドではずさんな工事が原因とみられる建物の倒壊が相次いでいる。

関連記事