特別展「建築の日本展」で古代の出雲大社本殿の模型を見られる皇太子さま=17日午後、東京都港区の森美術館(代表撮影)

 皇太子さまは17日午後、東京都港区の森美術館で開催中の特別展「建築の日本展」を鑑賞された。

 同展は、森美術館の開館15周年を記念して開かれた。縄文時代から現代までの、日本の建築の発展を、模型やパネルなどで紹介している。

 皇太子さまは、高さ約48メートルあったとされる古代の出雲大社本殿の模型などを、館長の説明を聴きながら見て回った。

 東京スカイツリーの建設に、日本古来の制振技術が生かされていることを聴いた皇太子さまは「地震にも強いんですね」などと関心した様子で述べた。

関連記事