2014年に鹿児島県立高校1年の男子生徒=当時(15)=が自殺した問題で、いじめの有無などを再調査する県の第三者委員会が24日、県庁で初会合を開いた。委員長の甲木真哉弁護士は会合後、約4カ月後をめどに再調査結果をまとめる方針を明らかにした。

 男子生徒は14年8月、自宅で自殺した。県教育委員会が設置した第三者委は、いじめが疑われるような複数の情報を確認したが、裏付けることはできなかったとの報告書を昨年3月にまとめた。

 男子生徒の母親は、調査対象の偏りや事実確認の不十分さを訴え、県は再調査を決めた。

 今回の第三者委は知事部局が設置した。

関連記事