生活に流行のDIY(日曜大工)を取り入れ、自分らしい暮らしを手に入れてもらおうと、空間づくりの“達人”たちが語り合うイベント「DIYトークセッション」が28日、福井市のガレリア元町商店街にあるコワーキングスペース「sankaku(さんかく)」で開かれる。米ニューヨーク、東京、福井で活躍する福井県出身のプロ3人が、DIYの楽しみ方を伝える。

 出演は、DIY向けの資材や道具を販売する東京のウェブショップ「toolbox(ツールボックス)」ゼネラルマネジャー荒川公良さん(36)=坂井市出身、ニューヨークで活動するインテリアデザイナー前田翼さん(31)=あわら市出身、DIYを生かした家づくりを提案している大工の五十嵐亮さん(39)=越前町在住。

 荒川さん率いる「toolbox」は、販売だけでなくウェブ上で施工事例も紹介、現在のDIYブームを引っ張る存在。荒川さんが国内の最新トレンドを紹介し、前田さんはニューヨーク、五十嵐さんは県内の事情を語る。

 イベントは、本紙まちづくり企画班が参画するまちづくり会社「福井木守り舎」が開く。身近な空間づくりの延長線を、魅力を感じるまちづくりにつなげる狙い。

 午後5時半開場、同6時開演。参加費は1ドリンク付き1500円。定員30人。参加申し込み、問い合わせは同企画班=電話090(5172)5666、メールmachidukuri@fukuishimbun.co.jp

関連記事