エンゼルスの大谷翔平選手

 【ニューヨーク共同】米大リーグは12日、オールスター戦(7月17日・ワシントン)のファン投票のア・リーグ第1回中間結果を発表し、右肘の内側側副靱帯の損傷で故障者リスト入りしているエンゼルスの大谷は21万8981票で指名打者部門の3位だった。レッドソックスのマルティネスが51万3415票で同部門のトップに立った。

 全体の最多得票は3人選ばれる外野手部門のベッツ(レッドソックス)で、74万8872票を集めた。トラウト(エンゼルス)ジャッジ(ヤンキース)が2、3位。捕手はサンチェス(ヤンキース)が1位だった。

関連記事