JR片町線の線路内で電車と衝突した乗用車=9日午前10時44分、大阪府大東市

 大阪府大東市のJR片町線(学研都市線)の線路内に乗用車が突っ込み、電車と衝突して車の男性が死亡した事故で、車は線路で止まった後、先頭車両の前部とぶつかったことが9日、四條畷署への取材で分かった。車は右前部が大破し、運転していた自営業法本憲治さん(70)=大東市=が死亡した。

 四條畷署によると、車は近くの病院の駐車場からフェンスを突き破って線路内に進入。電車と衝突後、10〜20メートル引きずられたとみられる。

 助手席にいて、衝突前に車外に出た妻永子さん(64)は「(駐車場で)なぜ急発進したのか分からない」などと話している。

関連記事