沖縄県警は9日、同県宮古島市のアパート一室で6日、顔や胸などの骨が折れた男性の遺体が見つかり、事件に巻き込まれたとして捜査を始めたと明らかにした。

 県警によると、遺体は住所、職業不詳の池村栄さん(63)と確認し、このアパートの住人ではなかった。発見現場の部屋を借りていた男性と連絡が取れず、県警は行方を捜している。

 遺体は傷みが激しく、司法解剖の結果、5月下旬ごろに死亡したとみられる。

 6日夕、部屋の借り主の知人から「最近見かけない」と通報を受けた警察官が遺体を見つけた。

関連記事