【10年前のきょう・2008年6月9日】海上自衛隊舞鶴音楽隊の隊員による演奏会「こころ、いやしてんでの!」が九日、福井市の県済生会病院で開かれた。木管や金管楽器の美しい音色が、患者らを包んだ。

 入院患者や同院で働く人たちを励まそうと、自衛隊福井地方協力本部が初めて企画。同音楽隊のメンバー十四人が院内三カ所で演奏した。

関連記事