31歳の息子は、首の左側のリンパ節が少し腫れています。頭や肩、歯、目と体の左側に痛みがあるようです。かかりつけ医を受診し、採血で異常はなく、痛み止めと炎症を抑える薬をもらいました。症状が治まらない場合の対処を教えてください。また、これからどの診療科を受診すればいいでしょうか。(敦賀市、女性)

 【お答えします】 中西庸介 県済生会病院耳鼻咽喉科医長

! 腫れには良性と悪性がある

 首が腫れるという症状は、ほとんどの方が人生で初めての経験で、大きな不安を抱えて受診されます。ご相談者も若く、おそらく初めてだと思います。

 まず一般的な話になりますが、首のリンパ節が腫れる場合、大きく分けて炎症を主体とする良性のリンパ節腫脹(しゅちょう)と、がんが原因となる悪性のリンパ節腫脹があります。

 良性の場合は炎症性リンパ節炎といわれ、多くの場合は口やのどからの細菌感染が原因となります。そのほか、ウイルスによる感染や結核によるものもあります。一般的には、のどの痛みや虫歯に伴い腫れたリンパ節も痛みを伴います。通常、のどの痛みや虫歯の治療後1~2週間で改善しますが、長引く場合は亜急性壊死(えし)性リンパ節炎や結核などの可能性もあります。

 悪性の方は、炎症性と異なり、あまり痛みを伴わず徐々に腫瘤(しゅりゅう)が大きくなって受診するケースが多く見受けられます。頭から首の間に起こるがんや、血液のがんである悪性リンパ腫などが当てはまります。

 これらの場合、原因となっているがん(舌がん、喉頭がん、咽頭がん、悪性リンパ腫、甲状腺がん)の症状と、痛みの伴わないリンパ節の腫れを認める場合がほとんどです。腫れたリンパ節が壊死や感染を起こしている場合は痛みを伴います。

! 最も痛みの強い部位に原因か

 ご相談の場合、症状や年齢などから考えると炎症性の可能性をまず考えます。頭や肩、歯、目と体の左側に痛みがある、とのことなので、その中で最も痛みが強い部位が原因となっている可能性が高いと思われます。

 原因の特定とリンパ節の腫れの程度を調べるには、総合病院の耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。その場合、症状の経過が大事なので、かかりつけ医からの紹介状や採血結果、もらった薬を持って受診すると情報が増えて診察がスムーズになります。

 当たり前かもしれませんが、▽痛みが日ごとに増す▽リンパ節の腫れが大きくなってくる▽38度以上の高熱を伴う-といった場合は、特に早めの受診が必要です。

関連記事