マンダムの主力ブランドといえば「ギャツビー」。ブランドの立ち上げから今年で40年を迎える。一方で中高年層向けに展開する「ルシード」も順調に伸びている(記者撮影)

「マンダム」の印象を聞かれたら、カラフルな丸いケースのヘアワックスや、フェーシャルペーパーを思い浮かべる男性が多いのではないだろうか。高校生の頃に通学かばんに忍ばせていた人も多いことだろう。

これらは、若者世代向けに化粧品メーカーのマンダムが出している「ギャツビー」ブランドの製品の数々だ。ブランドの立ち上げから今年でちょうど40年をむかえるが、今でも男子高校生を中心に高い認知度を誇っている。

スメハラ対策の製品が好調

 

マンダム自体も業績は堅調で、2011年3月期から8期連続で売り上げを伸ばし続ける。ただセグメント別に見ると、全体売り上げの約6割を占める男性用事業はここ数年微増止まり。同社が展開するクレンジングブランド「ビフェスタ」など女性用事業の伸び率に比べると、やや見劣りする。

そうした中で新たなトレンドとして期待されるのが中年男性層、いわゆる”オヤジ世代”を対象とした商品だ。

マンダムの西村元延社長は「ここ数年、男性美容への意識が高くなってきた」と話す(記者撮影)

マンダムは若者向けのギャツビーとは別に、40代以上をターゲットにした「ルシード」を展開しており、スキンケアやヘアスタイリング剤、白髪染めなど中高年層の需要に合った製品を幅広く扱っている。

西村元延社長は「以前はなかなか購入に結び付かなかったが、ここ3、4年のルシードの推移を見ていると男性美容への意識が高くなってきたように感じる」と話す。

中高年層の購入を後押ししているのが、ルシードで展開している「ニオイケアシリーズ」だ。マンダムが男女1000人ほどに実施したアンケート調査では、職場の男性の身だしなみで最も気になるのが体臭(ニオイ)だということが判明。さらに、40代以上の男性の大半が自分自身の体臭を気にしていることもわかった。

■東洋経済オンラインの関連記事■
柔軟剤で頭痛やめまい?広がる「香害」の実態
ポーラ、古参役員が実力社長に突然の「反旗」
花王が2700円もする「白髪染め」に込めた狙い

関連記事