【10年前のきょう・2008年6月5日】勝山市の県営多目的ダム「浄土寺川ダム」の完成式は五日、関係者約百三十人が出席して行われた。地元の園児たちも一緒に記念碑の除幕をし、二十年越しの完成を祝った。

 式はダムサイトで行われ、ダム対策協議会長の山岸正裕勝山市長が「一日も早いダム完成が望まれていた。市民から愛されるダムになるようにしたい」と式辞。西川一誠知事は「ハード面の整備だけでなく、今後は地域住民の協力のもとで防災力を高めてほしい」とあいさつした。

関連記事