大勢の記者の質問に聞き入る東村新一市長(左奥)=6月1日、福井県福井市役所

 福井県福井市の東村新一市長は6月1日会見を開き、2017年度一般会計の決算が、実質収支で約2億円の赤字になる見通しを明らかにした。大雪対策により巨額の経費がかさみ、本年度も約12億円分の財源が不足する見込みで、151事業の中止と縮減、特別職の報酬や職員給与の削減で財源を捻出すると説明。市民生活に影響が及ぶなど財政悪化の責任を認め「本当に申し訳ない」と陳謝した。

 ⇒【画像】厳しい表情で会見に臨む市長

 大雪関連経費は約50億円に上り、国の特別交付税や全額取り崩した財政調整基金を充ててもなお不足した。赤字団体になるのは、県内では1997年度の同市以来で20年ぶり。全国では2013年度以来。本年度予算では、赤字2億円の補塡(ほてん)と約10億円が見込まれる増額補正を合わせて、約12億円の財源が不足する。

 東村市長は赤字となった理由について、直接的な原因として今年2月の記録的大雪や昨年10月の台風21号を挙げた。財政悪化を招いたことに「財政運営の在り方を含め申し訳ないと思っている。先の見えない災害があったとはいえ、県都を預かる市長として、もう少し先の見通しが持てなかったかと悔やみがある」と陳謝。財政悪化の原因をさらに精査していくとした。

 中止、縮減する151事業には学校プール開放の中止など身近なものもあり、「市民が待ち望む事業を中断してしまい、本当に申し訳ない」と重ねて陳謝した。

関連記事