投打に安定感が増し、単独チームとしては春秋を通じて県大会初優勝。2季連続の北信越大会は、強豪との対戦で力を証明したい。

 ⇒坂井の過去の戦績

 県大会のチーム打率は3割1分5厘。昨夏の甲子園を経験し、上位を打つ山内、帰山賢、石川はシュアで勝負強い。出塁率5割の1番小林、振りが鋭い5番沢嵜が前後を固める。小技を絡めた代名詞のつなぐ攻撃に加え、8番畑岸が決勝で満塁本塁打を放つなど振り切る力強さも出てきた。

 エース左腕の帰山慎は切れのある直球と変化球で打たせて取る。県大会3試合に先発して防御率1・61。準決勝で延長十一回を完投し、翌日の決勝は福井商を完封した。右横手投げの嶋田も完投能力がある。バックは県大会4試合無失策と堅守を誇る。

部長八木 良一
監督川村 忠義
投 帰山  慎 3 170 69 左左
捕◎石川 雅晴 3 178 84 右右
一 沢嵜 一輝 2 178 76 右左
二 矢原士宇杜 2 161 64 右右
三 山内 良太 3 174 74 右左
遊 小林 寛弥 2 167 67 右右
左 畑岸  滉 3 175 79 右右
中 遠藤  泰 3 164 64 右右
右 帰山 賢也 3 176 73 左左
補 嶋田 勘人 3 167 64 右右
  藤井 晴斗 3 173 66 右右
  白浜 佑汰 3 175 70 右左
  鈴木 佑誠 3 172 70 右左
  真柄 直人 2 165 65 右左
  山口 信太 1 164 65 右右
  川上 建志 1 170 75 右右
  青山 宗生 3 180 78 右右
  北村 侑大 2 170 70 左左

関連記事