日本年金機構本部=東京都杉並区

 障害がある人に支払われる障害基礎年金を巡り、日本年金機構が受給者約千人について、障害の程度が軽いとして支給打ち切りを検討していることが29日、分かった。都道府県ごとだった審査業務を昨年4月に一元化した影響とみられる。機構は経過措置として1年間は支給を継続し、本年度中に再審査するとしているが、不支給となれば受給者の生活に影響が出そうだ。

 障害基礎年金は、自営業や学生など国民年金の加入者が病気やけがで一定の障害を負った場合などに支払われる。

 受給者は、症状に応じて数年おきに医師の診断書を提出するなどして、更新手続きを行う必要がある。

関連記事