【10年前のきょう・2008年5月23日】プロ野球独立リーグ「BCリーグ」の福井ミラクルエレファンツは二十三日夜、公式戦初のナイターとなる富山サンダーバーズ戦を福井市の県営球場で行った。日中の暑さもやわらぎ涼風がそよぐ中、スタンドには1225人の観衆が詰めかけ、カクテル光線の下で奮闘するエレファンツに熱い声援を送った。

 仕事帰りのサラリーマンらが夕刻から集まり始め、紙コップのビールを片手に、空揚げや枝豆をかじりつつ観戦。五回にエレファンツが1―1の同点に追い付くと、総立ちでメガホンをたたき喜んだ。試合は1―7で福井が敗れた。

関連記事