春の園遊会で(手前右から3人目から)フィギュアスケートの羽生結弦選手、スピードスケートの高木菜那選手、小平奈緒選手らに言葉を掛けられる天皇、皇后両陛下=25日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑

 天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が25日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、各界の功労者約2千人が出席した。フィギュアスケート男子で五輪連覇を達成した羽生結弦選手やスピードスケート女子500メートルの小平奈緒選手ら平昌冬季五輪の金メダリストが勢ぞろいし、両陛下がねぎらいの言葉を掛けられた。皇太子ご夫妻ら皇族も招待者に声を掛けて回った。

 陛下は羽生選手に「けがをした後は気を使っての練習だったんでしょう」と問い掛けた。羽生選手が「練習できない期間も学べることがたくさんありました」と応じると、陛下は「非常に進歩があったわけですね、その間に」と感心した様子だった。

関連記事