ささら第1回サロンで、若さを保つ秘けつなどを話すデヴィ・スカルノさん=4月7日、福井県福井市のフェニックス・プラザ

 福井新聞・女性の集い「ささら」の本年度第1回サロンが4月7日、福井県福井市のフェニックス・プラザで開かれた。タレントで国際文化人のデヴィ・スカルノさんが、壮絶な生い立ちや若さを保つ秘訣などを紹介。約1600人の会員に「よく働き、学び、遊んで毎日を楽しく過ごして」と呼びかけた。

 デヴィさんは、普段豪華な服や宝石を身に着けていることについて「ラッキーな人だと思われることは心外」と訴え、「人の3倍働き、学び、努力した」と語った。中学卒業後は、母親と弟を養うために生命保険会社で働きながら、昼休みや休日に喫茶店などでアルバイト。夜間は定時制高校に通っていたといい「体をフルに使って闘っていた」と振り返った。

 スカルノ元大統領からは「私の人生の喜びとなってほしい」とプロポーズされたという。「こんな美しい言葉は100歳まで生きても聞くことはできないかもしれない。大統領に尽くせという天啓だ」と結婚を決断したと語った。

 若さを保つ秘訣では「何事にも好奇心を持って挑戦することが大事。何もすることがない人は生きた化石になってしまう」と語った。テレビ番組に出演する時の衣装は私物であることや共演者とのエピソードも紹介し、会場の笑いを誘っていた。

 オープニングコンサートとして、バイオリニストの松田郁也さんとピアニストの瀬戸れい子さん(ともに福井市)が美しい音色を響かせた。

関連記事