鮮やかにライトアップされた校庭の桜=2日夜、福井県越前市味真野小

 福井県越前市の文化財に指定されている味真野小の校庭の桜が12日まで、ライトアップされている。夜の闇に浮かび上がった幻想的な一本桜の前で、多くの家族連れらが記念撮影を楽しんでいる。

 校庭の真ん中に立つ樹齢150年以上のエドヒガンザクラは、地域のシンボルとして親しまれている。住民有志でつくるグループ「さくらぶ」が毎年ライトアップを続け、近年は県外からも見物客が訪れる人気スポットになっている。

 さくらぶによると、29日ごろから花を付けはじめた桜は、先週末に一気に開花が進んだという。2日夜に訪れた福井市の親子は「周囲に何もない暗い校庭に桜が浮かび上がり、思った以上の美しさ。日中にもう一度見てみたい」と話していた。

 ライトアップは午後7時~同9時半。花の状況によって期間変更もある。

関連記事